2012年09月25日

TRPG EXPO 2012

遅くなりましたが、TRPG EXPOのレポートです。
ついに最後となりました当コンベンション。
入場者数113名と北海道最大級のイベントとして相応しい最後でした。
運営が変わってからは参加していなかったので、
久しぶりの参戦でしたが沢山の方々からお声を掛けて頂き、
嬉しい限りでした。
今回の私のシステムは「Dream of Twilight ver2.00」。
予想通りの集客力で、卓成立まで苦戦する事になりました。
ダイジュさんの卓は相変わらず人気で、真っ先に成立してましたね。
それでも、初めてコンベンションに参加する人が来てくれたり、
私の事を知っている人が来てくれたりでPL5人で無事成立。
私の卓は会場の中央に位置している関係で周りの騒音によってPL発言が聞き取れなかったり、
逆に私の発言がPLに伝わらなかったりと結構大変ではありましたが、
PLの皆様方の協力のお陰で無事、時間内にセッションを終える事が出来ました。
しかし、シナリオ上重要なフラグは解決し、見事ハッピーエンドではあったのですが、
副次的なフラグの回収に失敗し、ややもやっとさせてしまう部分があるのが心残りでしょうか。

マスタリングの反省点としてはPC2、4(特に4)になかなか活躍の場を提供する事が出来なかったのが、
今後の改善点かなぁ、と。
PC2のPLさんも積極的に動いてくれていて、見事重要なフラグの数々を人知れず解決していたのですが、
もっと目立たせることも出来たかな、と。
PC4は当初から目立ち辛い、かつ動き辛いポジションでもあったので、
最初のPC選択の時点である程度それらの事柄について説明した方が良かったのかもしれません。
(PC4を他PCと絡み易くするために幾分かシナリオを削っているのも原因ではあるのでしょうが)
ルール運用についてももう少し柔軟に対応出来ればよかったかな、とも思うのですが、
この辺は加減が難しい所ですね。

DoTについては今回、PLの方々や他の参加者からコメントを多く頂けたので、
次回の更新時に反映出来たらいいな、と思います。
…Biginners Ruleのキャラクターシートは本当にひどい出来であると私も同意します。

何にせよ、機会があればまた一緒にプレイしたいと思えるセッションでした。
毎度コンベンションでは良いPLに恵まれて、
私は幸せです。
私に声が掛かる事は無いと思いますが、
北海道で再び大きなコンベがある時は呼んで頂けると嬉しいなぁ、と。
posted by エフィフ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58514220

この記事へのトラックバック